読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡マヤ暦アドバイザー高橋ひとみのシンクロ研究ブログ

一般社団法人シンクロニシティ研究会認定マヤ暦アドバイザーによるマヤ暦の紐解きやマヤ暦の時間のリズムの中で起こるシンクロ二シティや気づきをアウトプット。時々シティ情報を発信していきます。

マヤ暦K208『心のゆとりを意識する』

マヤ暦K208に流れるエネルギーは?

f:id:hitomik236:20170401091442j:plain

姿・形を美しくする・ゆとりをもつ・一流から感性を磨くことを意識するとシンクロが起こりやすい日

マヤ暦K208 黄色い星・黄色い戦士・音13

キワードの中からピンとくることを意識してみてください

『黄色い星』のキーワード

均整のとれた美と調和・ゆとり・姿・形を美しくする・芸術

『黄色い戦士』のキーワード

挑戦・自己との戦い・自問自答・行動・知性・七転び八起き

『音13』のキーワード

没頭・集中・忍耐力・器用さ

マヤ暦K208の解説

太陽の紋章(顕在意識)=黄色い星

WS(潜在意識)=黄色い戦士

音(役割・能力)=13

ガイドKIN=黄色い人

類似KIN=青い猿・青い夜

神秘KIN=赤い空歩く人・赤い蛇

反対KIN=白い鏡・白い世界の橋渡し

鏡の向こう=K54

魂のセット=K53,54,55,56 K205,206,207

絶対反対KIN=K78

このキンナンバーの方の役割・本質は『自分の道に没頭する人』。器用で多彩でプロ意識も高い人たち。周囲の否定をうけやすい一面はありますが、自分の才能を信じて没頭していくことがとても大きな影響力につながります。長所を磨く、一芸を極めていくような生き方が大事です。なんでもこなせる器用さが逆に迷いをもたらす部分もあります。これ!と一つ決めて邁進していくことを心がけましょう。

オリジナリティが高く、完成度の高い仕事を目指す本質でもありますので、大事なことは常に一流に触れておくことです。感性でそれを習得していくセンスがあります。

ただし完璧主義かつ実直な本質のため、自分にゆとりがないと人のできていないところを責めやすい傾向があります。「心にゆとり」を常に意識し、自分に厳しく人にやさしくの姿勢でいることがポイントです。

K208の著名人

f:id:hitomik236:20170401091501j:plain

初代若乃花金子みすゞ(敬称略)

詩人・金子みすゞさんの代表的な詩。かなり前に(おそらく2002年)松たか子さんが演じていたドラマを実家でみたのですが、なぜかとても印象的で、その何年後かに長門市にある記念館へ行く機会がありました。たまたまです。当時の会社の仲間との旅行の最中に立ち寄りました。そしてさらにまた何年後かの今、マヤを学ぶ中でシンクロニシティ研究会代表の越川先生の話によくこのみすゞさんの詩がでてきます。

『みんな違ってみんないい』

マヤを知ると、人にはみんな決めてきた役割・使命があってそれぞれを全うするようになっていることが体感的にわかりはじめて、やっとこの詩の意味が腑に落ちつつあると思います。2002年当時、これを思いにくい自分だったからこそこの言葉が印象に残っていて(そんな悟った22歳では到底ありませんでしたから。笑。)これをわかりなさいっていうメッセージとして記念館へ行ったのかもしれないし、そしてマヤにであったことでやっとそのヒントが得られているのだなぁと。。その人それぞれの本質をひきだすコミュニケーションがとれる自分でありたいと思います。