福岡マヤ暦アドバイザー高橋仁美のシンクロ研究ブログ

一般社団法人シンクロニシティ研究会認定マヤ暦アドバイザーによるマヤ暦の紐解きやマヤ暦の時間のリズムの中で起こるシンクロ二シティや気づきをアウトプット。時々シティ情報を発信していきます。

マヤ暦K144『興味のあることに踏み出す』~黄色い種~

マヤ暦K144に流れるエネルギーは?

受容・意思決定・探究する・のめりこみ・気配り心配りを意識するとシンクロが起こりやすい日

黄色い種の13日間(1日目)~気づきと覚醒・生命の種・イデア・のめり込み~

マヤ暦K144  黄色い種・黄色い種・音1

キーワードの中からあなたがピンときたものを意識してみてくださいね

 

『黄色い種』

のめり込み・気づきと覚醒・探究する・生命の種・イデア・気配り心配り

  

『音1』のキーワード

受容・意思決定・公平平等・意思の統一・即断即決

マヤ暦K144の解説

ガイドKIN=黄色い種

太陽の紋章(顕在意識)=黄色い種

WS(潜在意識)=黄色い種

音(役割・能力)=1

類似KIN=青い鷲

神秘KIN=赤い地球

反対KIN=白い魔法使い

鏡の向こう=K117

魂のセット=K141,142,143,144  K117,118,119,120

絶対反対KIN=K14 

K141,142,143,144=天山遯(てんざんとん) 

『人事を尽くして天命を待つ・自然体を心がける・ありのままで生きる』

 

K144 の著名人

黒澤明逸見政孝・福地茂雄(敬称略)

 

『私どものホテルの場合は、おかげさまで古くからご利用いただいているお客様に大変ご支援いただいております。その方々は私どものサービスを期待されて、お泊りいただいたり、食事をいていただきております。

料金が上がるどうのこうのというよりも、サービスへの期待度が非常に高いわけですから、我々としては、従来通りにサービスを維持、さらに向上させて、きちんとおもてなしできていれば、お客様の真理としては数%の増税はそんなに大きくないと思います。いままでも何度か消費税が上がるタイミングがありましたが、数字的に大きな影響はありませんでした。』

 

K144定保英弥(帝国ホテルの社長)の言葉です。1人ひとりの客ニーズに、どれほど一致したサービスを届けるかがすべてともいえるでしょう。そのためにはお客様の言動、行動、また制度高くつかんでいるかが問われます。

自分の枠(わく)を取り払い、相手の心やリズムを五感全体で感じ取る、そんなイメージです。大切な場面ほど、相手の心臓の鼓動に耳を澄ます感覚で接してみましょう。ことの本質がみえてくるでしょう。

 

~毎朝届く越川先生のメルマガより抜粋~

f:id:hitomik236:20180701114702j:plain